◆マキシマムのアトリエにいらっしゃいませ vol.1ニャリ

 

さぁ、皆様、キラキラとお星様が光輝く夜空を見上げてみましょう♪♪

 

すると、いろんな目に見ない世界が、あったとしても不思議じゃないナァ、と妄想が、急に『普通ジャン』とリアルに感じます。

 

キラキラと輝く多く星々を眺めるていると、僕以外に、反対に輝いている星から、こちらを見上げている人がいるかも知れないと、

自然に思えるから。

だって、満点の星空が、まるでお友達みたいに、優しくキラキラ微笑み返してくれるのですョ。

 

自己紹介が遅くなりました、僕の名前は、妄想大好きっ子【黒玉】、ゴスロリ(※注1)・ブランドマキシマムと言う、お洋服のデザイナー。

マキシマムのアトリエの2階の窓から夜空を眺め、まったり妄想中。

 

マキシマムのアトリエは、白い木造の小さな小さな2階建ての古く白い洋館、

夏になると蔦が洋館をぐるぐる取り囲み、洋館を閉じ込め、黄緑色や緑色のお家に早変わり、秋になれば、

紅葉で黄色や茶色にお着替え、ちょっとした秘密基地。

古い洋館の雰囲気が大好きで、学生時代からずっと、ここに住み続け、そのまま、今のマキシマムのアトリエに、なったのです。

 

こんな深夜に、何故?夜空を眺めているかと言うと、新作のお洋服をデザインの為、黒猫さんとお仕事中。

『デザインはノリで描くもの!!』なので、デザイナーと呼ばれる人達は、
気分がノリノリだと、スラスラとデザインが浮かび、新作のデザインがあふれかえるのです・・・・が、

しかし、今日に限り、全くダメ、それ故、鳩時計が、深夜12時を回り夜空を眺め、

新作のデザインが浮かぶ様、リフレッシ気分転換中。

 

そんな、真夜中のまったりとした空気が突然!!蒸発!!一変、緊張感の嵐が、 “ゴソゴソ・モソモソ・・・”

 

黒猫&黒玉、お互いに顔を見合わせ、 『黒猫さん、聞こえる・・・?』、心の中で驚いた黒玉に、 静かにうなずく黒猫さん。

黒猫さんとは、お洋服の専門学校の同級生、こんな時は、いつも、(あ・うんの呼吸で)、付き合いが長く、会話いらずで、

うっすら意志疎通ができちゃうのです。

 

音のする方に二人で耳を傾けます。

“がさ、グル、がさ、グズ・・・ニャ”

さらに、何やら物音に混じり、何やら微かに声まで聞こえてくる始末!!!

どうやら、アトリエの階段下、1階から聞こえます・・・

 

恐る恐る薄暗い階段を、窓から差し込む月明かりを頼りに、 螺旋状の階段を一段また一段、ゆっくりと足音を忍ばせ下っていきます。

ミシッ・ピシッっと、老朽螺旋階段が、静かにリズム刻み、そのリズムが、緊張でベトベトの冷や汗と二重奏を奏でます。

なんとか、無事一階に。

 

だんだん物音と、恐ろしくも、あまり上手じゃない、音程のずれた、微妙な歌声の不思議なハーモニーが、ハッキリ聴こえてきます。

耳を澄ますと、

ぐる、ぐる・・ 『ニャリ♪ノラ♪グール♪グル♪マキシマム♪』と、摩訶不思議なハーモニー。

再び、黒猫さんと顔を見合わせシンクロ 『%&・$%#”・・泥棒・・%$#””%’!!、マキシマム!!って、言うか、微妙に歌ヘタ(笑)』

と驚き!!ヒッソリと叫んだのです。

 

まだ、何かはよく分かりませんが、ターゲットは気がついていません。

チョビおっかないですが、黒玉も男の子、勇気を出して必ず捕まえて、微妙な摩訶不思議な歌、あやしい歌い手が、何者か正体を暴いてやります☆

『ちょと、ドキドキです。』

 

【マニャマニャ続くニャリね♪】

※注1【ゴスロリ】ゴシック&ロリィタの略

illust2014_4_15_500
★クリックすると拡大ニャリ

 

 

ブログランキングに参加しているニャン。クリックして応援してもらえたら、

とっても嬉しいニャンこ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村



FC2ブログランキング

コメントは受け付けていません。